2016.07.01 UP

正しい歪み方

ozawa
会期:
2016.7.9 sat - 8.7 オープニングレセプション : 7.9 sat 18:00-
企画:
企画制作:伊佐治雄悟
主催:
株式会社アースプラス
時間:
11:00 - 19:00 月曜休廊

「歪み」という言葉について考えてみた。歪みを見つける為には、本来、元の状態を知らなくてはいけない。だから私たちが見つける歪みとは全て既知のものの歪みであって、初めて出会うものが歪んでいるかどうか知ることはできない。また他人が何を歪みとしているのかも知る事はできないはずである。しかし私たちは、様々なメデイアを通じて似た様な情報や経験を得て、共有する事で、何が歪みで何が歪みでないかをお互いに了解しているようである。その時に他人が「元の状態」をどんなものと想定しているのか、いちいち考えたり、確認する人は少ないだろう。

このまま言葉遊びを続けてみようと思う。

わたしたちが作品を造る時に起きる、もしくは起こしてしまう歪みを、他人と共有する事ができるだろうか。というより、ある作品の歪みに気付くために、作家たちが見ていた「元の状態」を知る事は可能なのだろうか。それは本来、文脈とか背景、或いはコンセプトと呼ばれるもので補われるのかもしれない。私も含めて多くの人が作品を理解している様に振舞っている。この展覧会では、作家たちが見た「元の状態」も体験してほしい。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この度gallery COEXIST-TOKYO において、伊佐治雄悟( いさじ・ゆうご)、太田遼(おおた・はるか)、小沢裕子(おざわ・ゆうこ)、藤林悠(ふじばやし・はるか)によるグループ展を開催します。

伊佐治は、これまでにカッターの刃やボールペンといった日用品を用いたり、割れた器の内側と外側をひっくり返し金継ぎするという作品を発表してきました。用途に応じて適切に製造された日用品の形を、シンプルな手法を用いて変化させます。

太田の建築的な手法を用いたインスタレーションは、現実の空間にフェイクを挿入し、空間の内部と外部、表と裏を共存させることで、あらゆるものに存在している境界を問い直します。『自己と「モノたち」は決して同化できない』とする太田は、この隔たりと真摯に向き合って距離をはかり、関係性を親密にしていくことを試みます。

小沢の作品は、映像、音源、文章など様々なメディアで制作されます。近作ではYouTube にアップロードされたアマチュアミュージシャンの音源に独自にPV を制作しました。彼女の作品の中では「私」「あなた」「彼・彼女」といった「主体」が常に曖昧で、映画やテレビなどから映像や音響のリテラシーを身につけた私たちに非常に新鮮な体験を与えてくれます。

藤林はモノクローム写真によって、室内のスプリンクラーや電球を、私たちの通常の認知とはかけ離れた姿で提示します。写真に写し出された、幾何学形態として収まりを見せる「もの」は、見慣れたものであるにも関わらず、機能や目的を剥奪され、宙づり状態となっています。

「もの」があるべき姿、求められるべき姿であるとき、我々はそれを「当然そうあるもの」と見做し、これといって気にかけることはありません。しかし一旦「もの」がその求められる姿から逸脱した途端、人々は「スタンダード」の存在に気づきます。「スタンダード」は「日常」に言い換えることもできるでしょう。もしかすると我々は、歪みを含んだ非日常を、日常として過ごしているだけなのかもしれません。

2014 年に開催された、映像作家の小沢裕子と伊佐治雄悟による二人展「I am there」において「想像はできるけど、ありえなそうなこと」を現実の空間や画面を通して共有することを試みました。今回の展覧会を通して「ありえなそうなこと」の体験を更に拡張したいと考えています。そして、その経験が私たちにもたらす効用についても、イベントやトークショーなどを通して言及します。本企画での展覧会は、観客に思考を強いる様な難解なものではなく、親しみ易い逸脱体験だと付け加えたいと思います。

(本展企画者 伊佐治雄悟)

■出展作家:<伊佐治雄悟> <太田遼><小沢裕子><藤林悠>

■イベント情報:

<小沢裕子>×<角銅真実>によるオープニングコンサートや、<太田遼>と<粘土>によるコラボイベント、<豊嶋康子>氏を招いてのトークイベントを開催します。


日時等詳細はこちらをご覧くださいませ ⇒ http://coexist-tokyo.com/tadashiiyugamikata_event/

////// 出品作家プロフィール //////

伊佐治雄悟 / Yugo ISAJI



1985

岐阜県生まれ

2008

多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業

主な展覧会

2011

「イサジパターン」 Art Center Ongoing / 東京

「後日常」Stock20 / 台中

2013

「そういうテクノロジー」gallery COEXIST-TOKYO / 東京

2014

「I am there. 」gallery COEXIST-TOKYO / 東京

「イサジパターン2 」Art Center Ongoing / 東京

2015

「アーツチャレンジ2 0 1 5 」愛知芸術文化センター内 / 愛知

「尋 – 在日光裡展」伊日美學台中藝術空間 / 台中

isaji

「bowl」 2016 茶碗、金継

太田遼 / Haruka OHTA

1984

東京都生まれ

2010

武蔵野美術大学大学院 修了

主な展覧会

2012

「Tokyo Midtown Award 2012」東京ミッドタウン / 東京

「TERATOTERA 祭り「NEO公共」」 井の頭公園 / 東京

2013

「黄金町バザール2013 」黄金町 / 神奈川

2014

「From the Nothing, with Love. – 虚無より愛をこめて- 」 シャトー2F / 東京

「再想起」モデルルーム / 東京

ota

「廊下」 木材、ドアノブ、部屋、他

撮影:大田晃、山倉一樹

展覧会:「From the nothing, with love. -虚無より愛をこめて-」 (シャトー2F/東京都小金井市)



小沢裕子 / Yuko OZAWA

1984

千葉県生まれ

2009

武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了

主な展覧会

2012

「ある小話/ 作家ドラフト2012」 京都芸術センター / 京都

「群馬青年ビエンナーレ2012」 群馬県立近代美術館 / 群馬( 奨励賞)

2014

高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.04 リアルをめぐって 高松市美術館 / 香川

「I am there. 」gallery COEXIST-TOKYO / 東京

「エマージェンシーズ! 023小沢裕子/ 無名の役者たち」 ICC / 東京

ozawa

「service」 2016年 映像 (12:33)

藤林悠 / Haruka FUJIBAYASHI

秋田県生まれ

2008

東京藝術大学大学院美術研究科 絵画専攻壁画研究領域 修士課程修了

2006

東京造形大学美術学科絵画専攻卒業

主な展覧会

2015

中之条ビエンナーレ/ 群馬

3331 Art Fair 2015‒Various Collectors Prizes-  3331 Arts chiyoda / 東京

2014-2015

ハクリビヨリ / 長野

2013

火の無い処に煙を立てる。拝借景 / 茨城

2012

イバラキダバダ TOKYO dabada vol.9 アーカススタジオ / 茨城

2010-2013

ZERODATE Art Project _ゼロダテ美術展 / 秋田

2012-2013

TRANS ARTS TOKYO / 東京

2009

個展“103”switch point / 東京

2004-2005

KOSHIKI Art Project_甑島で、つくる。/ 鹿児島

fujibayashi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「304」 2016年 写真