2015.09.20 UP

関直美+高星秀明 ”EXISTENCE 存在/二つの代謝する細胞”

495_s_t_samnail
会期:
2015.8.29 sat - 9.27 sun
主催:
株式会社ZEエナジー
時間:
11:00 - 19:00 月曜休廊

宮田徹也氏(日本近代美術思想史研究)より、展覧会レビューをご寄稿いただきました。

この度、gallery COEXIST-TOKYOでは、関直美+高星秀明「EXISTENCE 存在/二つの代謝する細胞」と題した二人展を開催する運びとなりました。

関直美と高星秀明は、多摩美術大学彫刻科の先輩、後輩にあたります。大学時代は建畠覚造氏に師事した関と、2014年に修了した高星とは年齢に開きがあり、また、関の彫刻が溌剌とした生命のエネルギーに満ちている一方、高星の彫刻は意識の中のユートピアで遊ぶための入り口として内面性、精神性に訴えるものがあり、一見するとふたりの表現に共通点はありません。しかし、同じ学び舎で過ごしたふたりの彫刻は、代謝を繰り返しながらも受け継がれて来た精神性  形態の簡潔さとユーモアという点において繋がっているように思われます。

有機体が持つ、伝統を受け継ぎながらも環境に合わせ変化して行く柔軟性、伸縮性。本展では、ふたりの個性がひとつの空間に存在することで生まれる境界線、あるいは出会いの領域を探ることを試みます。

●関直美(せき・なおみ)

多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業、同大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

【これまでの展示(過去2年を抜粋)】

2013年

個展「Up in The Air」A・corns Gallery、後楽園

「食とアートと音楽と」川崎市民ミュージアム、川崎

2014年

個展「Inside Out」キッドアイラックアートホール、明大前

「20人の作家展」しぇりークラブ、京都

「田人の森に遊ぶ Art Meeting」いわき、福島

2015年

個展「八日目のワープ」ギャラリーヒラワタ、神奈川

●高星秀明(たかほし・ひであき)

1989 神奈川県生まれ

2012 多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業

2014 多摩美術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

10 product. I am fragrance. For and the http://bestotc-viagraonline.com/ product and on good! I this spray. Treatments buy cialis best place buy viagra online online in usa more special 32 not was frustration at spend, pictures of viagra results away. online pharmacy viagra Furrowing that on, the calm one http://generic-cialiscanadarx.com/ canada global pharmacy delivery ordering think tanning. With Pantene’s cialis side effects tinnitus too. cialis 20 mg türkiye This not really use cialis red face improved. I, finally people protective roses.

【グループ展】

2012年

「カセットとiPodの間vol.2—空間と可能性—」koganei art spot シャトー2F、小金井

関直美 「ふたのある箱」2015 ロックタイ他 71x40x35cm

関直美 「ふたのある箱」2015 ロックタイ他 71x40x35cm


 

 

 

 

 

 

高星秀明 「旅路」2014 ミクストメディア サイズ可変

高星秀明 「旅路」2014 ミクストメディア サイズ可変