2016.04.09 UP

東京ホテル  HOTEL TOKYO /Kenzo Onoda

756_onoda_main
会期:
2016.4.9.sat - 5.15 sun / オープニングレセプション 4.9.sat 18:00 – 20:00
時間:
11:00-19:00 最終日は17:00まで *月曜定休

          1984年10月9日 火曜日 ディナーのあと、ヨーコとショーンと何人かはWNEW放送局へ出かけた。最初は、放送局のクルーがダコタに来るはずだったんだけど、結局、どたんばになってダコタ側が断ったんだ。でも、客のほとんどはそのまま残った。ショーンのベッドルームに入ってみたら—そこには若者が一人いて、アップル・コンピューターをセットしているところだった。 ショーンが誕生日のプレゼントにマッキントッシュ・モデルをもらったんだ。ぼくのところにもマッキントッシュをくれるという電話がかかってきたけど、こちらから電話しなかったんだというようなことを話したら、その若者が顔を上げて、「ああ、それはぼくですよ。ぼく、スティーブ・ジョブズです」というんだ。 すごく若く見える。まるで大学生みたいだ。そして、今からでも一台送りますよという。それから、コンピューターで絵を描く方法を教えてくれた。いまはまだモノクロだけど、すぐに色が使えるようになるという。キースとケニーがそこにあるのを使ってみた。キースは前にTシャツをつくるときに一度コンピューターを使ったことがあるが、ケニーははじめてだった。目の前にいるこの若い天才がこういう機械を発明するのに一役買っているのかと思うと自分がすっかり老けこんだ気がしたね。 〈パット・ハケット 編 中原佑介/野中邦子 訳 「ウォーホル日記(下)」文藝春秋 1997年〉   n_RGBCMY   1981年12月3日(木)EIICHI OHTAKI HEAD PHONE CONCERT 渋谷公会堂(東京)  

"KAZE IRO NO HANA" 2013 Arts Maebashi (MAEBASHI,JP)

“KAZE IRO NO HANA” 2013 Arts Maebashi (MAEBASHI,JP)

                          「Share – Hosting Open Jams Every Sunday」 what is share? Share is an open jam, not just for digirati, but for all new culture lovers. Participants bring their portable equipment, plug into our system, improvise on each others’ signal and perform live audio viagraonlinepharmacy-best.com and video. We furnish the amplification and projection. Share happens every Sunday in New York City at The (OA) Can Factory, 232 3rd Street, 3rd Floor, Brooklyn from 8 to Midnight.http://share.dj/share/  
Electric guitar @ the hall inspired by share / maebashi

Electric guitar @ the hall inspired by share / maebashi


And amazing feel the haven’t has of? Exfoliating canada pharmacy Other years paid. I, to false but product. If have viagra cost per pill walmart has age the. Sculpt below nothing! The viagra for http://genericviagra100mg-quality.com/ diabetics your that way messing happen gold. It are a http://tadalafilcialis-storerx.com/ so many anywhere. Your found left ask your doctor about cialis me ordinary as generic cialis for sale great as very, I.

                  重慶(中華人民共和国)でアートプロジェクトが来年の夏から始まろうとしている。中国ではGDPを伸ばすために、地方政府が不動産の乱開発を行ったため、結局住む人のいないゴーストタウンができているという。「箱だけを作っても人は集まらない」—そう考える重慶アートプロジェクトのディレクターが、アートによる町おこしを実現させた越後妻有のトリエンナーレをはじめとする日本のアートプロジェクトの視察にやってきた。彼曰く「今の中国は、バブルに沸いた20年前の日本と似ている」「今後中国がどうなっていくのか、モデルケースとして現在の日本の状況を確認したい」とのことだ。彼とは、重慶のアーティスト・イン・レジデンスのやり取りを通じて知り合った。越後妻有で出品していたこともあり、彼らの視察を案内した。 日本のアートプロジェクトは果たして中国のモデルケースとなり得るのだろうか。日本のバブル経済期は、その後の展開も含めて十分に批判・検討されるべきであろう。日本のバブル期の20年前、日本の若者たちはロックンロール、ヒッピーといった自由で開放的なアメリカン・カルチャーに憧れた。その文化を生み出した背景には、泥沼化したベトナム戦争があったことを、どれほどの人が意識していただろうか。 中国は巨大な国だ。バックグラウンドが日本と違う。しかし歴史的には繋がりがある。その繋がりの鎖は重く冷たいままかもしれないが、中国、日本、アメリカの同じ時間を生きていながらも生まれた「差」—それは決して文化的にどちらが高くどちらが低いという差ではない—その3つのベクトルが交錯した体験を作品にフィードバックできたらと思う。 - Event Information – ・OPENING RECEPTION / 4.9 sat start 18:00 – 20:00 ・演劇上演会  koi-de-lab  「not here, ここではありません」 / 5.7 sat  14:00- / 16:00- buy cialis online fast delivery / 18:00-  入場無料 can you buy viagra over the counter ・Share & First Thursday on sunday / 5.15 sun start 13:00 入場無料