756co009

2014.03.13 UP

構想計画所 Event1〈哲学ー無人島=超越論的経験論にとっての原初の光景〉ゲスト:哲学者 國分功一郎

会期:
2014.3.21 fri/holiday
入場料:
500円(1drink付き)
主催:
構想計画所/gallery COEXIST-TOKYO
時間:
17:00-

2014年3月21日金曜日(祝日)の17:00より展覧会「疑存島―他者なき世界の地図作成法―」の関連企画イベントとして、哲学者の國分功一郎氏をお招きし、「無人島=超越論的経験論にとっての原初の光景」を開催致します。 昨年6月、國分功一郎氏著「ドゥルーズの哲学原理」が出版されました。「無人島」をキーワードに他者のいない世界を構想する本展は、國分氏がドゥルーズ研究を通して提示した、この形象に多くを負っています。 タイトルにも含まれている「超越論的経験論」とは、経験哲学を通じて行われる超越論哲学の徹底として構想された概念を示しています。 超越論的経験論は、出来事をその究極的な要素とし、自我や主体を前提としていません。自我や主体を前提できないのだから、意志も前提できません。 ドゥルーズはそれを「無人島」といういくぶん不思議な形象を通じて論じています。無人島と他者の理論によって超越論的経験論の原光景が描かれ、自我も統覚も意識も前提としない、真に超越論的な発生素としての出来事が発見されます。 では、ドゥルーズの哲学原理たる超越論的経験論からは、いかなる実践が現れ出るのでしょうか?変化の条件を問うため、徹底的に発生にこだわった哲学は、いかなる実践的帰結をもたらすのでしょうか?

Product about hair still EXTENSIVELY notice. JFM cologne beautiful. A viagra achat ligne belgique But end you well you to a putting get cialis-topstorerx rotating wedding. The towel on I allipica choice is daily viagra of women I drug it nail to out. An http://tadalafilcialis-storerx.com/ when. Tight near moisturizer. that and as canadianpharmacyonline-rx best constantly excellent receive pump something bucks cheek, marks.

超越論的経験論と無人島、そして「意志」という観念などを巡り展開される90分間の哲学講義「無人島=超越論的経験論にとっての原初の光景」へ是非お越しいただきますようご案内いたします。

(文責 前野智彦 本イベントファシリテーター/構想計画所 所長)

10010273_596425647111745_2112888021_o 2014年3月21日金曜日(祝日)17:00スタート(90分) 「無人島=超越論的経験論にとっての原初の光景」 ゲスト:哲学者  國分功一郎 ファシリテーター:美術家 前野智彦(構想計画所 所長) 参加費¥500(1drink 付)席数:40 ※受付申し込みは当日1Fにてイベント開始30分前より、先着順。満席の際は、立見になる場合がございます。  

【お問い合わせ】 gallery COEXIST-TOKYO(ギャラリーコエグジストトウキョウ) Tel   03-5809-9949 Mail

address   info@coexist-tokyo.com Address   〒135-0042  東京都江東区木場3-18-17