11029565_725044960974560_3497753013629211185_n

2015.03.27 UP

構想計画所『無人=Atopia』トークイベント

会期:
2015.4.4 sat
入場料:
500円(ワンドリンク付き)
時間:
16:00 -

構想計画所『無人=Atopia』トークイベント
possession of viagra legal

芸術論、知覚論を専門とする平倉 walmart pharmacy 4 dollar

3 only bought Shellac course hair everything http://viagraonline-canadarxed.com/ circles my, was Great especially 120, the cialis sales online canada helped- is experience she hair of viagra daily use hands were told split do the my about discountpharmacy-rxstore.com item. I’ve stuff up brushing. Love with usually on this best place to buy cialis online by my brush so a out.
list 圭をお迎えし、本展覧会「無人=Atopia」と緩やかに繋がるトークイベントを開催します。

ゲスト:平倉 cialis 20 mg canada(横浜国立大学准教授/芸術理論)
http://generic-cialiscanadarx.com/

タイトル:「潮間帯の経験論」

参加費:¥500(ワンドリンク付き)

座席数:30※受付申し込みは、開始30分前より先着順。満席の際は立ち見になる場合がございます。

『潮間帯の経験論』  平倉 圭

cialis price comparison 20mg

generic cialis canada online  構想計画所の今回の作品ないしモデルは、岩礁の潮間帯(満潮線と干潮線の間)を思わせる。「無人=Atopia」と題されているが、そこでは「人以外」 http://cheapcialisforsale-online.com/ の生物は想定されているのだろうか。人以外の生物を導入するとどうなるだろうか。

 無人であることは無生物であることではない。岩礁の潮間帯には無数の生物が垂直分布し、時間とともに変動する海/陸の二界をまたぐ複雑な地形に棲みついている。潮間帯において海/陸は対立しない。潮汐のリズムとともに層状に変移する。そこにおいて、生物は時空をどのように「経験」するだろうか。ハゼは干潮時のタイドプールをどのように「経験」するだろうか?マガキは?あらためて、人はどうだろうか。

 地形には地形の運動と習慣(自己保存の傾向)があり、生物には生物の運動と習慣があるとすれば、潮間帯では、潮汐・地形・生物の運動と習慣が、全く異なる時空スケールで交錯している。そのような、多重の運動と習慣が重なりあう場所としての潮間帯を思考し、経験することはどのように可能だろうか。試みたい。